<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2015.12.04 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

みんな大好き?【活路エクゾ】

JUGEMテーマ:遊戯王カード

先月から当ブログで検索されているデッキ1位が
スタバから活路エクゾになりました
ちょうど貪欲な瓶(何でも戻せるマン)も登場したので、改めて組んでみました

貪欲な瓶 通常罠
「貪欲な瓶」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):「貪欲な瓶」以外の自分の墓地のカード5枚を対象として発動できる。
そのカード5枚をデッキに加えてシャッフルする。
その後、自分はデッキから1枚ドローする。

メイン(40枚)
モンスター(11枚)
エクゾパーツ×5
カードカー・D×3
速攻のかかし×3

魔法(7枚)
成金ゴブリン×3
一時休戦×1
強欲で謙虚な壺×3

罠(22枚)
強欲な瓶×3
八汰烏の骸×3
積み上げる幸福×3
和睦の使者×3
威嚇する咆哮×3
ギフトカード×3
活路への希望×3
貪欲な瓶×1

サイド・EX
先日のチェーンバーンを見習ってHERO寄りを模索中

ん?肝心の貪欲な瓶が1枚だけだって?
うー・・・許してください
エクゾパーツ並に初手で腐るからピン以上はなかなか・・・

一応、手札抹殺・断札をフル投入するということも考えましたが
強引なので止めました
あと三位一択不採用の理由ですが、結局のところ枠不足ですね
カーDが特に圧迫しているように見えます(かかしもかな?)
この辺も完全に先日のチェーンバーンの影響です(笑)
召喚権を捨てるなら、無謀な欲張りが無難かもしれません
ちなみに両方採用する構築が多いですけど
管理人はかかしが捨てきれない(笑)

懐かしのクライスターボを入れて【活路エクゾ】をいじるの巻

このブログにおいて2番目に検索されているのは【活路エクゾ】です
以前、ギフト三位両方三積みについて、コメントがあったので少し調整しました

とりあえずクライスターボはこちらでどうぞ

感想としては、やはり昔と変わらず
クライスと瓶と骸がそろった時のドロー力はしゅごい(4枚)
手札事故率が普通の活路エクゾと違って多いね(単純なコンボデッキではないため

あといいところは、相手の魔法・罠も割れるから
普通の活路やチェーンデッキと違ってお触れの対抗手段があるのはいいよね
リリースがフェーダーだけだけど、クライスの枚数次第ではなんとかなります(1枚でもいい?)
変わってるか分かりませんが、補給部隊も入れてみました
スターター買ったけど、放置してましたよ(笑)
発売当時、結構高かったよね。やっぱり単純に強いよ、補給部隊

メイン(40枚)
モンスター(10枚)
エクゾディア各1×5
光帝クライス×2
バトルフェーダー×3

魔法(8枚)
成金ゴブリン×3
強欲で謙虚な壺×2
一時休戦×1
補給部隊×2

罠(22枚)
強欲な瓶×3
八汰烏の骸×3
積み上げる幸福×3
和睦の使者×3
威嚇する咆哮×2
活路への希望×3
ギフトカード×3
三位一択×2

エクストラデッキ
なんでも

サイド候補
自爆スイッチ
光の護封壁
無謀な欲張り
サイクロン
ワンチャン!?
増殖するG

関係ないですけど、某王国が影霊衣を紹介しましたね
これ以上高騰したら、ドグマや征竜超えるかな?

PRIOに収録された三位一択により【活路エクゾ】が大幅強化

闇ウィルス勘弁デッキ、【活路エクゾ】です。
三位一択が出たので、ギフトカード六枚積みになってます。
活路への希望が引けたら、かなりチャンスがあります。

単純に成金ゴブリン3枚でLP3000、活路への希望の発動コストLP1000
さらに、ギフトカード三位一択でライフ差が広がります。
対策されなかったら〜デッキですかね。
今は、アーティファクト、先史遺産、マドルチェ、しぶとい征竜など
光推しですので(マドルチェ、征竜は違うけど)闇は少ないかな?

メイン(40枚)
モンスター(10枚)
エクゾディアパーツ各1×5
カードカー・D×2
速攻のかかし×3

魔法(6枚)
成金ゴブリン×3
強欲で謙虚な壺×2
一時休戦×1

罠(24枚)
強欲な瓶×3
八汰烏の骸×3
積み上げる幸福×3
和睦の使者×3
威嚇する咆哮×3
活路への希望×3
ギフトカード×3
三位一択×3

エクストラデッキ
融合多めでご自由に…
シンクロ・エクシーズも1、2枚あればいいかな

サイド候補
増殖するG×3
クリフォトン
サイクロン×3
激流葬×2
自爆スイッチ×3
光の護封壁×1

【チェーンバーン】同様、チェーンの組み方に気をつけないといけませんね。
現在では、アーティファクトというテーマもあります。
これが追い風になるか、向かい風になるか知りませんが、たくさんドローしたい方はぜひ。
チェーン稼ぎには利用できそうですけど

問題なのは、ギフトカード三位一択ともにノーレアであること
ギフトカードはDEに再録されましたが、三位一択は出たばかり…安いうちにどうぞ

二戦目以降は、揃えた方が男らしいですが、逃げるのもまた男らしいですね(笑)

ドラゴンエクゾじゃ満足できないので【活路エクゾ】

JUGEMテーマ:遊戯王カード
 
どうも、クロロフィルです。
ドラゴンエクゾじゃ満足できないので【活路エクゾ】です。
まずはギフトカードを買わないと(笑)
ドラゴンエクゾと違って、防御カードが自然とくるので、安心して戦えます
ただ闇デッキ勘弁、以上(笑)

メイン(40枚)
モンスター(13枚)
エクゾディア各1×5
カードカー・D×3
クリフォトン×2
バトルフェーダー×3

魔法(6枚)
成金ゴブリン×3
強欲で謙虚な壺×2
一時休戦×1

罠(21枚)
強欲な瓶×3
八汰烏の骸×3
積み上げる幸福×3
和睦の使者×3
威嚇する咆哮×3
活路への希望×3
ギフトカード×3

エクストラデッキ
なんでもいいよ

サイドデッキ(15枚)
自爆スイッチ×3
光の護封壁×1
無謀な欲張り×3
サイクロン×3
ワンチャン!?×3
増殖するG×2

基本的には【チェーンバーン】同様です。
ただチェーンの組み方には気をつけないといけませんね。(逆順解決)
二戦目以降は、逃げ切るか、また揃えるか…
揃えた方が男らしいかなぁ?

クリッターが禁止、一時休戦が制限になった3月、まだまだやれると思っていた時期が、俺にもありました。

JUGEMテーマ:遊戯王カード

どうも、クロロフィルです。
九月下旬より施行される新制限により
超再生能力が1枚しかデッキに入れられない制限カードになりました。
というわけで【エクゾディア】の新制限対応レシピです。

以前よりも格段にスピードダウンしました。
あぁ、こんなデッキもあったんだな…程度にみてください。
スピードダウンにより、防御力を上げているつもりです。
なので防御カードが来れば…でもそれだったらロック型の従来のでおkってなるからツライ

out
超再生能力×2
貪欲な壺×1
ワンチャン!?×1
救世竜 セイヴァー・ドラゴン×1
in
速攻のかかし×2
魔法石の採掘×2
ダーク・バースト×1

メイン
モンスター(16枚)
エクゾディアパーツ各1×5
伝説の白石×3
ガード・オブ・フレムベル×3
青眼の白龍×3
速攻のかかし×2

魔法(24枚)
一時休戦×1
強欲で謙虚な壺×2
成金ゴブリン×3
ワンチャン!?×1
闇の量産工場×3
手札抹殺×1
手札断殺×3
トレード・イン×3
調和の宝札×3
超再生能力×1
魔法石の採掘×2
ダーク・バースト×1

エクストラデッキ(15枚)
何でもいいので15枚用意したほうがry
運が良ければ、シャイニート・マジシャンぐらいは出せるかもry
このコメント前と同じww

サイドデッキ(15枚)
禁止令×3
異次元からの埋葬×1
大嵐×1
月の書×1
補充要員×2
自爆スイッチ×3
王宮の鉄壁×3
光の護封壁×1

遊戯王wikiにも書いてた。超再生能力は禁止カード級のドローカードだと…
いなくなって初めて「その」ありがたみが分かるものです。(笑)
そもそも超再生能力があるからドラゴン族軸だったわけだけどね〜

貪欲な壺を外した理由は、せっかくデッキ圧縮したのに3枚もデッキが増えるとか…
何やってんだって感じです。(超再生能力が1枚だけだとなおさら)
元々は闇の量産工場で回収できない本体を拾って手札に加える役割でした。
でもそれだったらダーク・バーストでいいよねってなりました。

救世竜 セイヴァー・ドラゴンが外れて、「デッキトップが光りだした!!」と言えなくなったけど
もうそんな余裕はありません(笑)

ワンチャン!?を1枚にしました。実際は2枚でもいいのですが、防御札である速攻のかかしの枠のために減らしました。
現在ワンチャン!?は1枚ですが、強欲で謙虚な壺に変えてもいいかもしれません。
しかし強欲で謙虚な壺には致命的な弱点があります。
別にss制限ではなく、もうひとつの方です。1ターン1枚の制約。
回すのが目的のデッキで、うまくいけば2枚目3枚目が(もうなかなか確率は低いけど)完全に腐ります。
もちろん、手札抹殺、手札断殺、魔法石の採掘など、手札コストが多いカードのエサになるわけですが
それだともったいないし、やはりサーチした方が速いんですよ。

1年前は、超再生能力はもちろん無制限でしたし
なにより、クリッターが現役(制限カード)でしたので、最後のひと押しが非常に簡単でした。
今では、言葉になりませんね。

最後に魔法石の採掘について…
例えば、
超再生能力(1回目)発動
魔法石の採掘発動、ドラゴンを2体捨てて、超再生能力を回収
超再生能力(2回目)発動

これだけで4枚ドローできます(エンドフェイズだけど)
これができるのは採掘だけですし、超再生能力だけではなく
一時休戦とか、手札抹殺、場合によってはワンチャン!?とか
回収して強い魔法で押し切りたいですが難しいですね

うーん。今だに悩んでます。
サンダードラゴンとか、トゥーンのもくじ入れた方がいいかなぁ
でもそれだと安定性がなぁ
いや、エクゾで安定性だなんて贅沢と言うか
安定したらダメなんだろうなぁと思いつつ(笑)
今日もボロボロになってるスリーブを被ってるカード達を触りたいと思います。

長々と失礼しました。
次回の更新は、安くて古き良きファンデッキ記事です。

それでは、この辺で〜

怒りの業火 エクゾード・フレイム

JUGEMテーマ:遊戯王カード 

2013年9月下旬適用後の禁止・制限カードリスト更新により
このデッキは使用不可能になりました。
新制限に対応させたものは
こちら

どうも、クロロフィルです。
今回は、みんな大好き【エクゾディア】です。
安定のドラゴン族軸で。調和の宝札とトレード・インが、今度のストラクで再録されるようなので、組みやすくなっています。

メイン
モンスター(15枚)
エクゾディアパーツ各1×5
伝説の白石×3
救世竜 セイヴァー・ドラゴン×1
ガード・オブ・フレムベル×3
青眼の白龍×3

魔法(25枚)
一時休戦×1
強欲で謙虚な壺×2
成金ゴブリン×3
ワンチャン!?×2
闇の量産工場×3
手札抹殺×1
手札断殺×3
トレード・イン×3
調和の宝札×3
超再生能力×3
貪欲な壺×1

エクストラデッキ(15枚)
何でもいいので、15枚用意したほうがいいでしょう。
運が良ければ、シャイニート・マジシャンぐらいは出せるかもしれません。

サイドデッキ(15枚)
禁止令×3
異次元からの埋葬×1
大嵐×1
月の書×1
補充要員×2
自爆スイッチ×3
王宮の鉄壁×3
光の護封壁×1

2013年3月の制限改訂で、クリッターと一時休戦が、禁止、制限カードになってしまったのが、かなり痛いです。
それでも、6割ぐらいの確率で全部揃います。
昨日回しましたが、20回中13回、2ターン目までで完成しました。
そのうち1ターン目で完成したのは7回。やっぱり厳しいですねぇ…

このデッキは主に、調和の宝札、トレード・イン、手札抹殺、手札断殺で回します。

回すコストは、エクゾディアパーツ以外のモンスターです。
「伝説の白石」と「青眼の白龍」は定番ですよね。
前者は、調和の宝札、後者は、トレード・インに対応しています。
残りの、「救世竜 セイヴァー・ドラゴン」と「ガード・オブ・フレムベル」は、主に調和の宝札要員です。
「ガード・オブ・フレムベル」を採用している理由は、「青眼の白龍」と一緒に、「闇の量産工場」で使いまわせる点で、かなり評価が高いです。
つまり、「手札抹殺」や「手札断殺」で墓地に送られても回収できるので、気にせず(断殺などを)発動できます。
他の「調和の宝札に対応しているチューナー」とは、一味違います。
「竜の渓谷」でサーチするギミックは、今回採用しませんでした。
「救世竜 セイヴァー・ドラゴン」をピン挿ししていますが、これはチューナーが来なかった時の保険に入れています。
「青眼の白龍」は、「伝説の白石」の効果の関係で、手札によくきます。
なので、「トライホーン・ドラゴン」などは不要かな?と思っています。
実際回してみても、ほとんど「トレード・イン」のコストには困ったことがないですね。
地味に、「救世竜 セイヴァー・ドラゴン」は、「ワンチャン!?」によって四肢をサーチできます。
それなら、他のドラグニティのレベル1でもいいだろ!ということになります。
つまり、何でもいいということです(笑)
モンスターに関しては、こんなものでしょうか。

魔法は、説明不要かもしれません。
一時休戦×1、強欲で謙虚な壺×2、成金ゴブリン×3
これだけ見ると、【終焉のカウントダウン】を思い出します。
同じ特殊勝利デッキですし。
超再生能力×3、貪欲な壺×1
「超再生能力」は【征竜】でも大活躍ですね。
「貪欲な壺」は、「闇の量産工場」で回収できないエクゾディア本体が、手札の関係で墓地に行った時の保険です。
そうでなくても、墓地にモンスターが溜まるので相性バッチリです。

エクストラデッキは、デッキの内容がバレたらマズいので、とりあえず用意したほうがいいかな。

サイドデッキは…
・除外対策に、「異次元からの埋葬」「王宮の鉄壁」「補充要員」
・「ライオウ」対策に、「月の書」
・永続・伏せカード対策に、「大嵐」
・「ドロール&ロックバード」(特に今の環境)対策に、「禁止令」
・一戦目を取った後、【自爆スイッチ】にしたいなら、「自爆スイッチ」「光の護封壁」
こんな感じでしょうか?
全てに対応させるなら、フル投入しているものを減らして
ブラック・ホールや単純に強い除去カードをいれるべきですよねぇ…
やはりサイドデッキは、プレイヤーにとって永遠のテーマ(悩みどころ)だと思います。

今回は、この辺りで失礼します。
ご意見・感想待ってます。
1

profile

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode

PR

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM